読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーリゾート ニューイヤーズイヴ2016-2017 の

ディズニーリゾート ニューイヤーズイヴ2016-2017 のプライオリティーシーティングについて ランドのチケットが当選しました。 ディズニーの年越しは今回が初めてで、PSについて1点疑問があります。 1時以降はシーとランドの両方に行き来できるとのことなので、朝3時ごろのセイリングブッフェのPSをキャンセル拾いしようか検討しております。 そこでふと思ったのですが、ランドのチケットを持っていても、1時以降の時間帯であれば、シーのレストランのPSを取ってもいいのでしょうか・・・? せっかく予約が取れたとしても、いざ当日断られたりしないか不安になり、質問させていただきました。 ご存知の方、知恵をお貸しいただければ助かります。

チケットの種類や有無は関係ありません。ニューイヤーズイヴのチケットを持っていない人でも予約できます。カテマス様の言う通り現地でチケットの確認はありません。あったとしても予約代表者のお名前と時間が正しければご利用可能です。

江戸時代初期の外交について質問です。1604年に設けられた糸割符制度は糸割符仲間と呼ばれる特定の商人らに輸入生糸を一括購入させるものでしたが、糸割符仲間は何故自分たちで輸入生糸の価格を決定することができた のでしょうか。ポルトガル商人が生糸を持ってくるのでポルトガル商人が糸割符仲間の価格設定を拒否してしまえば成立しないのではないのでしょうか。 また、糸割符仲間の一括購入でポルトガル商人らの利益独占が何故排除できたのでしょうか。 それから鎖国後の1685年に糸割符制度が復活したのは何故ですか。日本は1639年にポルトガル船の来航を禁止しているにも関わらず、制度を復活させた目的は何だったのでしょうか。長くなってしまいましたが、どなたかに教えて頂ければ嬉しいです。どうぞよろしくお願��

�申し上げます。

輸入生糸の価格を決定したのは国産の生糸の保護のためです。廃止になったのは中国商人の抵抗によるものです。後に制度が復活するのも国産品の保護と金銀流出を防ぐためです。しかし国産の生糸の質が高くなり、輸入の需要が下落し制度は有名無実化していきます。